コンタクトレンズの個人輸入代行サイトは危険なのではないかと考えている方も多いかと思います。
確かに、個人輸入という言葉の響きがなんだか怖いですよね!

では、個人輸入代行サイトについて解説していきます。

■医薬品の個人輸入はハードルが高めだが・・・
個人輸入というのは自分で使う分量を自分の責任で選んだお店から輸入することを指します。
ネットで「個人輸入 危険」と検索すると、最初に見つかるのは「医薬品の個人輸入は危険」という情報ではないでしょうか?
確かに、医薬品に関しては有効性や安全性について日本と同じレベルでの安全確認が行われていない場合があるようです。
しかしながら、コンタクトレンズに関してはそのほとんどが海外の向上で生産されており、日本製と書かれているものに関しても、パッケージや説明書だけを日本で作っている場合が多いです。
ですから、コンタクトレンズ自体のクオリティは変わりません。

■怪しい個人輸入代行サイトもある
サイト内に会社の住所や電話番号などが書かれていないような、あからさまに怪しい個人輸入代行サイトもあります。
しかし、10年以上の運営実績を持つ信頼性の高い通販サイトもたくさんあります。
個人的には、以下のようなポイントを確認して個人輸入代行サイトを選んでいます。

・日本語表記のサイト
・運営年数が少なくとも5年以上の会社
・日本人のカスタマーサポートが常勤している
・荷物追跡システムがある
・返品の規約が明記されている

確かに安さも重要ですが、不良品が届いたり、そもそも注文した品物が届かないなんてのは本末転倒ですからね!

私がおすすめする個人輸入代行サイトの価格比較サイトはこちらです。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

https://supplabo.com/